Conductor's Room

井上 康夫 Yasuo Inoue




 明石市立高丘中学校、兵庫県立明石清水高等学校を経て、相愛大学音楽学部チェロ専攻卒業。ポーランド国立ワルシャワ・ショパン音楽院(現・ショパン音楽大学)研究科修了。
    チェリストとして室内楽やオーケストラを中心に活動を展開している。また同時に、吹奏楽・オーケストラ・オペラ・中国音楽の分野での指揮・指導にも意欲的に取り組み、指揮者としての経験も重ねてきた。
    明石子午線ウインドオーケストラに於ける指揮活動は1996年から継続している。
    近年では、弦楽合奏団「アンサンブル プティ・タ・プティKOBE」、中国音楽アンサンブル「天翔楽団」、「明石商業高等学校吹奏楽部」の定期演奏会やイヴェント等に於いても指揮を務めている。
    2012年2月に台湾・新竹市で行われ指揮を務めた「天翔楽団」と「新竹市立青少年国楽団」の交流演奏会は、地元メディアにも大きく取り上げられ、日台友好の象徴的な公演として話題となった。
    「相愛オーケストラ」講師等を経て、現在、「大阪芸術大学管弦楽団」演奏要員、「アクシスチェロ四重奏団」メンバー、チェロアンサンブル「エクラ」メンバー、「SOAI Cello Family 」メンバー、室内楽グループ「アンサンブル・ベンジェ・ドブジェ」代表、「MIKIミュージックサロン梅田」チェロオリジナルコース講師、中国音楽アンサンブル「天翔楽団」芸術総監督・指揮者、「アンサンブル プティ・タ・プティKOBE」常任指揮者、「さくらムジカオーケストラ」指揮者、「明石商業高等学校吹奏楽部」招聘講師、「チェロアンサンブル西宮」アドバイザー、「明石子午線ウインドオーケストラ」音楽監修・指揮者。
    明石子午線ウインドオーケストラの楽団ポリシーである「純粋な気持ちで音楽に向き合う」姿勢への共感の下、団員と共に心躍るプログラムを練り、地道に音楽作りに取り組み続けて、はや四半世紀。未曾有のコロナ禍において文化・芸術の存続が危ぶまれる今、人が集まり音を重ねて音楽を奏でる事の本質的な意味を見つめ直しながら、新しいスタートをきりたいと考える今日この頃。